医療機器製造販売のイソメディカルシステムズWebSiteです。

骨頭把持鉗子/作品集

考案者:河村 春生 先生

所属:龍ケ崎済生会病院 整形外科部長
専門: 人工関節外科

開発経緯

時折、人工股関節全置換術において脱臼できず頚部を落としてから展開していく場合があります。その際、臼蓋に骨頭が癒着して取りづらい事がしばしば見受けられます。開発前はコークスクリューに比べグリップが良いタオル鉗子を用いて摘出をしていましたが、強度が低く変形や破損が度々起こっていました。また、タオル鉗子は2点の爪で把持をする為、大腿骨頭がチーズカットされ骨がばらばらになることも度々起こっていました。上記の問題点を解決する為開発に至たりました。

使用目的

骨頭および骨幹部の把持 人工股関節全置換術の際に、大腿骨頭を摘出する目的で使用します。

『骨頭把持鉗子』製品ページはこちら

ぜひほかの作品もご覧ください。

     

     

開発依頼はこちら

取扱製品一覧 » 作品集

製品情報について

株式会社イソメディカルシステムズでは医療関係者を対象に取り扱い製品の情報を公開しています。製品情報をご覧になりたい方は医療従事者の方へのボタンからお入りください。
PAGETOP
Copyright © 株式会社イソメディカルシステムズ All Rights Reserved.